2008年11月09日

nVidia FPS Fixを試す

rFactor、GTR2などのISI製ゲームエンジンを使ってるレースシムに
使える『Nvidia FPS Fix』を導入してみました。
リリース直後から気になってましたが、PCC_NZのシリーズ戦真っ最中
だったので見送りしてました。
本音を言うと単純に検証がめんどくさかっただけなんですがwww

検証にはrFactorを使って、WTCC BMW E90 Round 1 Zolder
のオープニングラップ1周をTV視点とコクピット視点で
Frapsを使ってFPSを計測しました。
グラフィックオプションは大体FULL設定ですが、マルチ用に所々
下げてたりするのでALL FULLではありませんのでご注意を。
*VGAは8800GTXです。

TV視点

最低FPS 48⇒94

最高FPS 277⇒269

平均FPS 100⇒163


コクピット視点

最低FPS 54⇒121

最高FPS 117⇒211

平均FPS 80⇒159



その後リプをみながらブログ用にSSを撮ってたんですが
1度マシンが落ちました。これは前々からある現象かも知れないので
はっきりとは言えませんが、前に2chのスレで落ちるようになったとか見たことが
あるので耐久テストも必要かもしれません。
それでも効果は抜群なので試す価値はあると思います。
話題になってから相当経ってるので今更ですが・・w
posted by Mary at 02:48| Comment(3) | TrackBack(0) | rFactor | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、効いてますね。

でも、やっぱりNVIDIAにしか効果はないんでしょうねぇ・・・(^^;

Posted by maxi at 2008年11月09日 10:42
どうもです^^
本当かはわかりませんが、2chによるとRadeonでも
効果があったようです。
まあMaxiさんはnvidiaでしたよね?w
Posted by Mary at 2008年11月09日 14:30
今はHD4870でございますw

というわけで試してみたところ、NVIDIA系のような劇的な改善はなかったですが、若干の最低FPSの向上がありました。

体感的にも滑らかかな? という感じなので、しばらく使ってみることにします。

mayooooo/
Posted by maxi at 2008年11月10日 00:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。